効果的なサプリメント

PMS(月経前症候群)予防にとりたいサプリメント

PMSの症状を緩和するなら、サプリメントも有効です。必要な栄養素は食事からとるのが一番いいのですが、現代の食生活では、かなり難しいです。そのため、不足しがちな成分をサプリメントで補ってあげることも必要になります。
ただし、サプリメントだけに頼らず、バランスのいい食生活をめざす、しっかりと休養をとる、適度に運動を行う、良質な睡眠を心がけるなどといった、生活リズムの改善も合わせて行いましょう。

 

ビタミンB6

月経前の女性ホルモンの分泌と、セロトニンの原料となるトリプトファンの代謝にはなんらかの関係があるといわれています。
このセロトニンが不足するとイライラしたり、落ち込んだりしやすくなります。
このトリプトファンの代謝に深く関わっているのがビタミンB6です。とくにビタミンB6は、月経前の排卵期に大量に消費されるため、不足しやすくなります。

 

まぐろ、かつお、さば、いわし、レバー、牛乳、さつまいも、バナナ、かぼちゃに多く含まれます。

 

カルシウム

カルシウムは、 乳製品、牛乳、殻を食べるエビ、骨ごと食べる魚、葉物などに多く含まれます。
カルシウムの不足はイライラの原因となります。
牛乳、チーズ、ヨーグルト、豆腐、納豆、桜エビ、小松菜、ケール、ひじきなどに多く含まれます。

 

マグネシウム

マグネシウムは、海藻、大豆製品、魚介類、木の実などに多く含まれます。マグネシウムの不足もイライラ、無気力の原因となります。
マグネシウムは神経の興奮を抑えたり、血圧を下げたり、筋肉の働きを維持したりします。
なまこ、ひじき、のり、大豆、玄米、あさり、いわしの丸干、納豆、アーモンド、落花生、とうもろこし、バナナなどに多く含まれます。

 

イソフラボン

イソフラボンは、大豆胚芽に特に多く含まれる、フラボノイドの一種です。最近の研究では、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをすることがわかっており、女性特有の不調に多く用いられるようになりました。
大豆、納豆、豆腐、きな粉、油揚げ、味噌など、大豆製品に多く含まれます。

 

そのほか、月見草由来のαリノレン酸やチェストツリーなどです。
PMS専用に作られたサプリもあります。