PMSの症状

PMS(月経前症候群)の症状

PMSには、疲れ、頭痛などの身体的な症状と、イライラ、情緒不安定などの心理的な症状が現れます。
通常は、身体的な症状と心理的な症状が一緒にでることが多いです。
毎月、生理前だけこういう症状が出るのであればPMSの可能性が高いです。

 

 

【身体的症状】

 

頭痛頭痛 肩こり肩こり 腰痛腰痛
下腹部痛下腹部痛 おなかが張るおなかが張る 胸が張る胸が張る
関節痛関節痛 筋肉痛筋肉痛 むくみむくみ
便秘便秘 下痢下痢 嘔吐嘔吐
過食 拒食過食 拒食 味覚の変化味覚の変化 だるいだるい
疲れやすい疲れやすい 眠気眠気 不眠不眠
汗が大量に出る汗が大量に出る にきびにきび 脂性脂性
湿疹湿疹 吹き出物吹き出物 肌荒れ肌荒れ
耳鳴り耳鳴り めまいめまい 吐き気吐き気
のぼせのぼせ ほてりほてり 冷え性冷え性
のどの違和感のどの違和感 体重増加体重増加  

 

【心理的症状】

イライラしやすいイライラしやすい 情緒不安定情緒不安定 無気力になる無気力になる
涙もろくなる涙もろくなる 理由もなく憂うつ理由もなく憂うつ 極度に落ち込む極度に落ち込む
否定的になる否定的になる 悲観的になる悲観的になる 孤独感を感じる孤独感を感じる
性欲が異常に増進性欲が異常に増進 性欲が異常に減退性欲が異常に減退 暴言をはきやすい暴言をはきやすい
けんかしやすいけんかしやすい 子供にきつくあたる子供にきつくあたる 人付き合いが面倒人付き合いが面倒
集中力、判断力低下集中力、判断力低下 衝動買いしやすい衝動買いしやすい 感情的になりやすい感情的になりやすい

 

仕事や家事ができなくなるほど症状が重く、日常生活に支障をきたすようであれば、早めに受診されることをおすすめします。

 

診察科は、婦人科か女性外来です。肌荒れだけが気になる場合は皮膚科、精神面での不調がひどい場合は診療内科でもかまいません。

 

初めて受診するときには、数ヶ月分の基礎体温表を持って行くと、的確な診断を受けやすくなります。

 

PMSの中でも、心理的な症状が極度に強い場合、PMDD(Premenstrual Dysphoric Disorder)月経前不機嫌性障害と診断されることもあります。